青山航士を応援する会
誕生日会レポ page6
*1/ディートリッヒ
  *23/CHICAGO
*456/ワンダフルタウン
*7/ギルバート・グレイプ

*二幕ソロ*
「ワンダフルタウン」はファンの方にも喜んでもらえる作品だったんじゃないかと思います。最近は一人で踊ることがあまりなかったんですが、ソロもあって・・・。原田薫さんの振付で、もとはピルエットで終わりでした。以前から原田さんは「自由に変えていい」と言って下さったんですが、本番でテンションが上がって、急に踊ってる最中にピルエットから(トゥール)ザンレールして膝をついて終わろう、と思ったんです。舞台袖で見ている人も、そのほうが迫力があるし「終わった」とハッキリわかって拍手もしやすい、と言ってくれ、本当に自由にのびのびと演技ができました。
*クラリネット*
それと、クラリネット。吹いてはいないんですが、クラリネットの方に指導してもらって指はちゃんと合わせようと決めてたんです。(音楽監督の)島さんは指は見えないし、BW版も適当だからいいよ、って言って下さったんですけど、かえって「指だけでも」と火がついちゃって。音楽関係の方が見て、「あれ?指あってる」と思ってくれたら良いですし、合わせたほうが自分も気持ちが動くんです。それでいつも稽古場で練習して、息も必ず出すようにしていました。吹いても音が出ないように細工してもらってたんですが、何回か「ピーッ」と音が出てしまって。また、自分の息がスーッ、スーッと漏れる音も、近くで踊っている人は気になってしかたなかったそうです。
でも、不思議と楽器に恵まれますね。(「スーザンを探して」の時の)ドラムもそうでした。去年はいろんな意味で成長した時期だったと思います。大切な34才の1年でした。

・・・クラリネットって普通の状態でも音を出すのがすごく難しい楽器だと聞くのに、鳴らないように細工したクラリネットが鳴るなんて。まさに「魔法のステッキ」。「ワンダフルタウン」都市伝説誕生です。
BDレポpage6/ next